草紅葉…

紅葉といえば、モミジやカエデや…ですが 野草達の紅葉も綺麗ですよ。     9月末撮影「イワヤツデ」     10月撮影「ヒマラヤトラノオ」     10月末撮影「フウロウソウ」     10月末撮影「オカトラノオ」     本日撮影「ゲンノショウコ」 最後まで美しく終わる姿… 見習いたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

埋もれる前に…

午前中は残った冬囲いを済ませ 午後からは「よく咲くスミレ」の摘芯を… 「よく咲くスミレ」は中輪系パンジーの園芸品種で 寒さにめっぽう強く冬でもしっかり花を咲かせます… それでも… 北海道では雪に埋もれてしまいますから 埋もれる前に摘芯して 静かに休んでもらいますー …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

球根補植…

昨年から今年の春にかけて改装したエリアに 球根を補植しました 補植球根は… 原種系チューリップが6種類 アリウムが5種類 ムスカリが2種類 来年の春が楽しみでーーーす  今年の様子は… こんな感じですがー 来年は種類もボリームもUP{%上昇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鮮やかな赤…なぜ?

    コトネアスター     メギ 木の実が赤いのはなぜかって調べてみると 鳥に見つけてもらいやすくするためで… 赤い実は、鳥にも赤く見えるらしく 自分で動けない植物たちは 果実を鳥に運んでもらって 色々な場所で繁殖させるためらしいです……
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仲間です…

    「ツルハナガタ」     「トキワハナガタ」 どちらも、サクラソウ科トチナイソウ属で アンドロサーケの仲間です 花は…     6月撮影 ツルハナガタ     5月撮影 トキワハナガタ ツルハナガタは今年の春に植えたばかりなので 開花は今一ですがー
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

室内ガーデン…ツバキ・サザンカ

先日の雪は、すっかり融けて… 秋晴れの一日、いつもの年より ピッチを上げて冬支度をしていま~す 屋外ガーデンはクローズですが… 室内ガーデンではーーー ヤブツバキ系の「錦秋」が… 白千重咲きサザンカ「富士の峰」が… 咲き出してくれていまーーーす{%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初雪~

予報通り… 朝から降り出した雪ーーー     午前8時撮影 午後には10cm程の積雪… ガーデンは真白の銀世界ーーー     午後3時撮影 昨日UPした写真と同じ場所は こんな状態で~す
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まちなか広場植栽…

西興部村の中心部に小さな花壇広場があって 3年前から一部の植栽を任されています… 各市町村で設置している この様な花壇は… 国道枡花壇なども… マリーゴールドやサルビアといった一年草が ビッシリと植えられているケースが多いですが… ここは、あえて植えない花壇を… グラスやホ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

氷点下の朝…霜の斑

秋晴れの朝は 「なまら~しばれる~べさ」(とても寒い) 葉っぱには~霜が降りて 斑入りのようです 日が差し込む、ほんの一瞬の美しさでーーーす。 「ポテンティラ・ベルナ」は 本州では常緑ですが 北海道で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「コトリトマラズ」…

「コトリトマラズ」に群がる桃色蝶 「コトリトマラズ」とは、「メギ(目木)」の別名で 節や葉っぱの付け根に鋭い棘があって 「小鳥も止まれない」って言う意味です それにしても… 「ガウラ・ピコティ」は「メギ」の花のように 馴染んでいますーーー
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

狂い咲き…ラベンダー

こんなに沢山の狂い咲きは初めてです 昨年夏に何度も上陸した台風の影響か 今年の開花は今一でした… だから?…今頃咲いているのかなーーー ツアーのお客様には 「好きなだけ摘んでくださーい」って 思わぬ体験で喜んでいただいています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そろそろ本物が…ナツユキカズラ

夏の終わりから秋遅くまで 白い小花を一面に咲かす 「ナツユキカズラ」 …の筈だったんですが 絡ませてあったパーゴラが 本物の雪の重さでつぶれちゃって 今年は、チョット寂しい こんな感じ… 一昨年はこんな感じでした     27.9.15撮影 春につぶれたパーゴラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神輿草(ミコシグサ)…?

9/23にアップした「ゲンノショウコ」の… もう一つの別名で… 実が割れて種を飛ばしたあとの姿が お神輿の屋根のように見えるからです 花の横にあるロケット状の実が熟して弾けます まったく目立たない、小さなお神輿ですが… よーーーく見ると なかなか味わいのある形をしています…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

またまた有毒植物…

一見、山ブドウのように見えますが… 名前は「ヨウシュヤマゴボウ」 美味しそうな名前ですが、どこを食べても 中毒症状を起こす有毒植物です~ 花なのか実なのか… 不思議な形をしていますが よく見ると可愛い愛嬌のある花ですーーー
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ナデシコ科…悲喜それぞれ

夏に刈り込みをしていた「ジプソフィラ・レペンス」 別名「ピレネー宿根カスミソウ」がイイ感じに… 白い小花がふんわりと優雅に咲いています 一方… 同じナデシコ科でも 「エゾオオヤマハコベ」は… 手伝いのおばさんに草取りを頼むと 必ずーーー引っこ抜かれてしまいます よ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「医者いらず」「たちまち草」…?

古くから薬草として用いられた「ゲンノショウコ」 漢字表記は「現の証拠」 下痢止めや胃薬として 干したものを煎じて飲むと すぐに効くので… 「現に良く効く証拠」「医者いらず」「たちまち草」 …だそうです。 花を、よーーーく見ると フウロウソウの仲間だって判りますが 小さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

別名「冷血な殺人草」…え?

秋ガーデンの定番花「コルチカム」 タイトル以外にも別名が 「犬サフラン」「牧場のサフラン」「秋のクロッカス」「秋水仙」 「裸の貴婦人」「裸の少年」…と、たくさん有って… 毎年、誤食による死亡事件がおきています まさしく「冷血な殺人草」で… 苦しみが続くようでーーーす。 {%表…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

台風一過…ネムロユキワリコザクラがーーー

台風が過ぎ…やっと… 風が収まり、突然の雷雨もなく 穏やかな秋晴れの一日でした… 昨日から、風で倒れた花木の処理やら 台風の後片付けをしてたんですが… 今朝の見回りで、白く光っていたんですーーー 「白花ネムロユキワリコザクラ」がーーー 因みに、春はこんな感じでした     …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋晴れ…サクラマス遡上

久々の青空に サラシナショウマの白い穂が… 天に向かってス~ッと伸びて… 光っています。 静かな朝に… バシャバシャと水をたたく音がして… 橋の上から覗いてみると… サクラマスがーーー 産卵のために遡上していました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more